HOME目的から探す >従業員の安全を守る

従業員の安全を守る

従業員の安全安全確保

「従業員の安全確保」は企業として最も考える必要がある、極めて重要な要素の一つです。

 

省エネや省力化を追求すると、「従業員の安全確保」が不十分になりがちですが、事故が発生した際には大きな問題になります。

企業のリスクヘッジとして事前に事故が起きない環境を作ると同時に、何か異常が発生した時にはすぐに知って対応できる体制を構築することが重要です。

従業員の安全を守るために

事故・急病への対策

倒れコール

近年では24時間フル稼働の工場や一人で広域を管理する工場が増えており、従業員が急病や熱中症などで従業員が倒れた事に朝まで気がつかなかった、といった事例が発生するようになりました。


そうした事にならないためにも、従業員に
倒れコールを装着させ、一定時間(10秒・30秒・60秒・120秒から設定可能)倒れた状態を続けるとその場で警報音が鳴ると同時に、警備室などへ自動通報されるようにします。
防爆・防滴型なので、様々な現場環境での運用が可能です。


又、工場内への車両の入庫を報知する「出庫報知システム」などを設置すれば、自動車が工場から出るのを赤外線センサーが検知して歩道に対してフラッシュライトと音声メッセージで注意を喚起するので、工場内の車両との接触事故を防ぐことができます。

火災への対策

「工場」などでは、燃えると有毒ガスを発したり爆発する可能性がある物を扱っている事もあり、火災対策も十分に行う必要があります。

 

まずは放火や不審火などが火災になる前の段階において炎センサー知ることが大切です。
そして、不審者が侵入して放火などしないように外周警備システムなどを設置する必要があります。

i-NEXTの利用

i-NEXT画面に映る工場ライン

こうした安全システムに防犯カメラシステム、iPadを活用した遠隔監視システムi-NEXTを連動させることで、状況をリアルタイムの動画映像で確認することが可能です。


特にi-NEXTの場合は、警備員が巡回しながら映像で確認できるので効率的です。

鹿児島県で従業員の安全をお考えならセキュリティハウス鹿児島中央にお任せください。